買うより断然お得!女性も男性も使える着物レンタル人気6選

三角の画像

HOME > 着物レンタルについて > 着物の色による意味の違いについて

着物の色による意味の違いについて

着物を着る機会はそう頻繁にはないという人が増えた今の時代では、いざ着物を着る機会がやってきたときにデザインやカラー選びでかなり頭を悩ませることになるのではないでしょうか。
ありとあらゆるカラーがありますが、色の違いはただおしゃれを楽しむためにあるだけではありません。
色毎に異なる様々な意味が込められているということを頭に置いておくと、着物選びの参考になるのではないでしょうか。
紫系の着物は珍しいという理由から多くの人の目をひくことができます。
紫は冠位十二階での最高位の色ということもあり、現在でも高貴な色というイメージがあります。
しかし一般の人が着てはいけないというわけではなく、今の時代では多くの人が紫色の着物を楽しむことができるようになり気品や優雅さのある色です。


着物の中でもよく目にするものであり、特に若い人の中で人気のある色といえばやはり赤色ではないでしょうか。
華やかでパワフルな印象も与えることができますが、赤色には魔除けの意味があります。
悪を払い、善きものを呼び込む力があるので、今後の幸せを祈るという意味で成人式や結婚式にも厄を払うという意味で好んで着られるカラーとなっています。
それだけではなく赤は血の色ということもあり、情熱や生命力を表す色という意味も込められています。
赤色は神聖な色ということから、昔は庶民が赤色の着物を着ることは禁止されていた時代もあり、憧れの色でもありました。
青色や緑色は空や自然を連想させる色であり、自然の恵みを願うという意味も込められています。
色の意味だけではなく濃さによる違いもあることを頭に置いて起きましょう。


着物は色によって様々な意味合いがありますが、着物を着るときには本体だけではなくトータルバランスも重要になってきます。
着物の色を決めた後には帯の色も考えるようにして起きましょう。
同系色を合わせることによって、品が出て上品な印象を与えることができます。
しかし反対色を合わせるというのも近年では人気があります。
反対色を合わせることで個性を出すことができ、シンプルな着物でも目立たせることができます。
着物の色にはそれぞれ異なった意味合いがあり、シーンに合わせた色を選ぶようにして起きましょう。
自分自身の好みで選ぶのも一つの手段ですが、古くからの伝統に習うというのも一つの手段です。
特にフォーマルな場に来て行くときには、着物の色に対する意味合いを把握してから決めるようにしましょう。

次の記事へ